2015年9月15日火曜日

宝塚へ行ってきました。

阪急に乗って、行きました。

タカラヅカ。
一世一代のムラ遠征。

ここは、いつからこんな、、、!


舞浜よりずーっと前に出来たはずなのに。

南欧風とよく表される町並みが、町っていうかワンダーランドが、電車からウワァーと見えて、

駅を降りたら完全にタカラヅカの町だった!


10日前にできたばかりの100周年記念の像。

花のみちを歩いて


左右にはお花屋さんとかカフェとかロッテリアとか


ハンパない。この駅からのワンダーランド感すごい。


どこを見ても「楽しんでいってやー!」って全力のサービス精神がにじんでて、

ギフトショップ、写真サービス、スペシャル消印を押してくれる郵便局、レストラン、食堂、喫茶。舞台衣装や歴史の展示。


若者もおじさんもいるし、とてもほがらかで、ノビノビしてて、


もはや女性が男役をやってるとか、そんな込み入った話ではなかったよね。楽しいショーが観れるからみんなで今日は宝塚行こうか♪ って感じ。

いわゆる「劇場街」ではないんだ。だけど確かに「劇場」を囲む賑わいがそこにあって、商売魂という言葉よりは、やっぱり「楽しんでいってやー!」だった。


14人で、星組の「ガイズ&ドールズ」を観ました。

みゅー研さわちゃんがチケット予約してくれたのは何ヶ月前??

雑誌読んだり、DVD見たり、いろいろ教えてもらったり。半年くらいずーっと楽しかった。

すごかったーーー。

さわちゃんありがとう。

阪急の小林一三さんありがとう。


すぐ近くの宝塚ホテルでお茶会2つもやってたりとか、そこにもトップスターの写真が飾ってあって、橋を渡るときに宝塚音楽学校の窓からバレエレッスンが見えたり、


なんだろうかこの町は!

一瞬にして、
第四くらいの故郷に認定。

またぜひ訪れたいと思います。


宝塚の魅力がわかってきたよ。
そんな日が来るなんて思わなかったよ。

脳内スパークの旅でした。

みんなどうもありがとー☆












0 件のコメント:

コメントを投稿