2017年4月28日金曜日

グッドマナー

トーキョーグッドマナーズというプロジェクト。

よく知らないけど、

でも!


色鉛筆みたいなしゃしんが撮れた、、
(´⊙ω⊙`)

昔の日本人はお辞儀のしかたが今と違ってて、お辞儀や歩き方など、日本では全国民が「これを丁寧ということにしましょう」って決めた御触れがあると聞いた。

外国にいた時、面接を受けるための簡単なレクチャーで「足を組むとよい」って言われたことがあるけど、これは日本だとあんまりオススメできる面接マナーじゃないはず。

丸の内朝大学でついに受講費のクレジット決済が始まったけど、これまでは予約→3日以内に振込支払で、事務局やクラス実施者にとっては「仮押さえ」の3日間が「キャンセルの悪夢」だった。

劇場でのルールやマナーについて聞かれることがたまにあるけど、ミュージカルをやるような大劇場と、小さな劇場と、映画館と、何がエレガントで非常識なのかはそれぞれである。

今日は、イベントの最中にスタッフはお客さんの横で立っているべきか座るべきか、仕事場でみんなの意見が分かれたのも面白かったな。

そしてそしてチケット転売問題も、「観劇マナー」の話だと考えることもできて、

予約したいとき、予約できないとき、予約できたとき、誘いたいとき、誘われたとき、行けなくなったとき。

システムとの追いかけっこなところがアンチウイルスソフトや防犯と似てるなぁと思ってたけど、なにをヨシとして悪とするのかが人によって微妙に違うところが転売問題は独特だ。

マナーを考えることは世界共通ではありえなくて、「こうするとこうなる」という知恵を集めて「ここでは、こういうことにしよう」って握手することだから、自分と人と街との関わりを考えることになるし、もしかしたらコミュニティでこそ解決できる。の、かも!

おもしろいじゃんー


0 件のコメント:

コメントを投稿