2017年4月23日日曜日

美女と訳詞

Tale as old as time ...
って!なんてキレイなのー


まだ観に行けてないけど、ついに始まった話題の映画『美女と野獣』

アランメンケンおじさんの
リトルマーメイド「パート・オブ・ユア・ワールド」は秀逸、アラジン「ア・ホール・ニュー・ワールド」はズルい、「美女と野獣」は完璧、って感じがする✏️


英語の歌詞って映画も舞台もコンサートもどれも同じ、オリジナルのままの歌詞なんですよね。日本語になると、訳詞という別の著作物が出てきて、ファンはあっちが好きとか新しい歌詞が馴染めない〜とかって

英語ではぜんぶ同じ。

それってすごい。

と、我に返って日本人の私は思う。

サウンドオブミュージックのドレミのうたは、みんなが覚えているあの歌詞が舞台でも使われていたような。

最近は色んなミュージカルで名前を見かける高橋亜子さんっていう方の訳詞が好きで、気になってます。



0 件のコメント:

コメントを投稿