2017年1月30日月曜日

ミューケン博多の旅 劇場編 ①

朝大学のミュージカルクラスで、
講師の塩ちゃん先生が幾度となくスバラシイスバラシイと褒めていた劇場。

それが博多座!!!


ついに来ました博多座。

ロゴマークはこれ↓


そう、後で言われて気づいたけど、
博多座は雨が降っていたとしても、空港から一度も濡れずにいける劇場である。そもそも空港からとても近い。


空間の取り方がゆったりしてて素敵だー

床の大理石は本当の大理石でアンモナイトが埋まってる。チケット売り場もドッシリしてて格好いい。


なんか、「はかたざ」って言うからもっと、古い芝居小屋みたいなイメージだったんだ。

全然ですね!!!


もーう、格式あるホテルみたいでした。トイレは行列すらなく必見。ロビーには、試食しながらお買い物できる博多土産ブースがずらり。普通はグッズショップくらいだけど、たまに歌舞伎の名残のようにお菓子が置いてたりもするけど、これはどっちかというと相撲会場、国技館のよう。皆さんフレンドリーで楽しくて、しかもちゃんと、こんな博多座限定の帯もついてる!


それぞれのお土産を買いつつ、うちらはミューケンYちゃんが教えてくれた「三日月」さんのクロワッサンをテイスティング。団体の強みを生かして、色んな味を一口ずつ食べました。

プレーン、メープル、紅茶、抹茶あずき、シナモン、、、

全部とても美味しかったけど、お店の人が一番人気と言っていたメープルがやっぱり好きだったかも。


客席は3階まであり、およそ1400席とのことでした。
オケピまで行って振り返ってみても最後列がすぐそこに見えて、だいぶコンパクトな感じ。東京に似たところがあるとしたら日生劇場かな?

なぜだか席の区分に「S席」がなくて、「A席」から始まります。とても良い感じの一階席。高いところから見下ろしている感覚が全くしない二階席。傾斜がしっかり取られているので安心して全体を見渡せる三階席。塩田さんのファンクラブ「シオタクター」のお手配だったので、うちらは一階の前方に座ることができました。

地方公演はお金がかかるためか、博多座のチケットは高い!今回のシスターアクトも14,000円くらいでした。
オペラやね。


とにかく期待をさらにこえて素晴らしすぎる博多座。終演後には塩田さんによる特別バックステージツアーが行われました。

・・・続く。w


0 件のコメント:

コメントを投稿