2015年4月20日月曜日

オンディーヌ @自由劇場

新しい日。

四季、じゃなくて
浅利慶太プロデュース公演
ついに船出!


慶応のフランス文学青年が
語り継いできた演劇のかたち。
他では観れない まっすぐな古典。

チケット5000円で パンフ500円で
雨が降り始めて急いだら、
係りの人が傘を差し向けてくれたり

愚かな人間に愛をくれる、水の精の話。

熱も、喜びも、緊張も、
しっかり感じてきました。

初日おめでとうございます!



きゃー(≧∇≦)


0 件のコメント:

コメントを投稿